Home > ベンチャー企業一覧 > 株式会社ひとだんらく

人で暖かく楽しくなる―人暖楽― - 株式会社ひとだんらく

人で暖かく楽しくなる―人暖楽―

株式会社ひとだんらく

代表取締役 狩野 歩

メンタルヘルスケアの会社を設立した5年前は、「メンタル」という言葉は知られていませんでした。しかし、近年では「カウンセリング」「メンタルヘルス」というこころのケアに関する言葉をよく耳にするようになりました。メンタルヘルスケア市場は拡大しつつあり、注目されてきている事業です。当社ではメンタルヘルスとしてカウンセリング業を行ない、どんなことでも気軽に相談できる環境を提供しています。メールカウンセリングは、いつでもどこでも利用でき、相談者にぴったりなカウンセラーを選べるサービスです。また、日本で初めてのビジネスモデルである、カウンセラー請負サービスでは、皆さんが普段からよく利用する施設に、有資格カウンセラーによる相談室を設けています。これらのサービスは、誰でも利用出来るような価格で提供し、独自の対面カウンセリングで、相談者の負担を減らすことを可能にしたのです。今後もサービスの質を下げることなく、相談者の負担を減らしていきます。

インタビュー日: 2009年6月18日

これまでに色々な事業を行い多彩な経験をお持ちの代表取締役狩野氏。メンタルアップという事業に使命感を覚え、「株式会社ひとだんらく」を設立しました。多くの悩みを抱えている人々に救いの手を差し伸べていきます。

会社の生い立ちを教えてください

cmpr2_39.jpg短大を卒業してからアメリカに留学していたのですが、学校に通うだけではつまらないなと思い、老人介護施設の精神病棟でボランティアをしていました。老人介護施設なので、もちろんお年寄りで、家族に会えない人たちばかりの環境でした。アメリカの時代は10年後の日本に来るといわれています。ですから、老人介護施設の現実を目の当たりにして、とても恐ろしくなりました。日本に帰ってきてから企業に就職したのですが、10人中10人が仕事に対して愚痴をこぼしていましたし、アメリカ人と比べ目に鋭気がないように感じました。アメリカ人とは悩むところも違いますし、アメリカ人が笑ってすませることに対して、日本人は深刻に悩んでいたりします。アメリカで感じた恐ろしさは、 10年後ではなくすぐに来るなと感じました。しかし、日本には悩みを相談したり愚痴をこぼせるような場所がありませんでした。それなら自分で気軽に相談できる場所を作ろうと考えました。他にも色々と事業をしていたのですが、5年前にメンタル一本でいこうと考え当社を起業しました。メンタルは労力がかかることですし、やらなくてはいけないという使命感を感じたんです。自分が20歳のときにあと3年しか生きられないと寿命を告げられた経験から、生きるということは奇跡のようなものだと実感しているので、一つでも多くの人を救いたいと感じています。起業時は、カウンセリングを早く広めたいと考えていました。

大切にしていることはなんですか?

cmpr3_39.jpg当社の行なっている事業は、よくあるカウンセリングや心理学ではなく最高のサービスだと考えています。メンタルヘルスという手法を使い、皆様に最高のサービスを提供し続けていきます。当社では、他社とは比べ物にならないくらい手の込んだサービスを安く提供しています。ですから、現在は従業員数の多くない中小企業にしか提供できていません。カウンセリングは、取引先企業の全従業員の方にこちらから連絡をして予約をとっています。初めてカウンセリングを受ける方は何を話して言いのか分からないし、悩みを抱えていてもどのタイミングで予約を取っていいのかわからない方が多いので、こちらから連絡させていただいています。まず心理テストを行いその結果をカウンセラーがお伝えするところから始めます。お客様にはとにかく自由にしてくださいといっています。悩んでいるときに作り笑いをする必要はありません。とにかく自由空間です。そして、カウンセリングが終了して帰るときには笑顔で帰ってもらいたいですね。我々は、人を大事にしています。当社の取引先企業も同様に、従業員様の悩みに対し決して悲観的ではなく、ごく自然の現象と捉えており、まさしく人材を宝として考える企業様と感じています。この不況と騒がれている時代に、人に去ってもらうことを考えるのではなく、人を守るための対策に取り組んでいるのですから。落ち込んだり悩んでいるとき、人間はデメリットに考えがちです。もう人に会いたくないと思ったり、嫌になったりしますが、人をハッピーにしてくれるのも人です。ですから、人と人との関わりで事業を展開していくという意味を込めて、「ひとだんらく」という社名にしました。

これからの日本に一言おねがいします

cmpr4_39.jpg当社の事業は全部が社会貢献に繋がっています。ときにはボランティアで講演も行なっています。カウンセリングというものをもっと身近に感じてもらうため、悩みをもったらストレスをためない習慣をもってもらうために活動しています。カウンセリングにはお金を払う価値があります。その価値を多くの人に分かっていただき、カウンセリングを習慣化して、うつ病や自殺などの原因を抱え込まないようにしていただきたいです。それは、企業にとっても個人にとってもよいことです。従業員のストレスを外に出すことで、企業の生産性もあがりますし、個人では家に帰った際に家族にストレスを出すこともなく、たくさんの相乗効果が生まれます。また、相談を受けるカウンセラーにストレスがたまってしまわないようにも気をつけています。カウンセラーという職業は、実はとてもつらい仕事です。凄くハードで労力を使います。厳しい環境なので、当社では相談役というシステムを設けています。カウンセラーが、たくさん訪れる壁を抱えないような会社つくりを心がけ、お客様に最高のサービスを提供できるようにしていきたいです。今後の目標は、もっと皆さんが利用できるような相談場所を作っていくことです。当社では、他企業とのコラボレーションを多く行なっています。その理由は、自社のオリジナルのカウンセリングルームよりも来やすい場所でカウンセリングを行なえるからです。業務提携して提携先のお客様にカウンセリングを行う方が、お客様もカウンセリングを受けやすいと思います。他企業とのコラボレーションによって、お客様がよく行く場所に設置していきたいですね。私は、利用者がハッピーであればそれでいいと考えています。

プロフィールプロフィール

cmpr5_39.jpg

出身地群馬
生年月日1978年
血液型A型
好きな言葉バランス
尊敬している人物たくさんいます
趣味習字、着物、ヨガ(日本文化に関わるもの)
好きな食べ物トマト系
出没エリア西麻布

会社概要

企業名株式会社ひとだんらく
事業概要・メールカウンセリング等のサイトの企画、運営
・カウンセラー請負サービスの提供
・EAP(従業員支援プログラム)事業の運営
・企業又は組織におけるメンタルヘルスに関する事業
・セミナー、教育・研修プログラムの実施
・講演、シンポジューム、セミナー等の開催
・経営、人事及び接客に関するコンサルティング
・ビジネスマナー・接客マナーの講習開催並びに講師
設立年月日2009年 5月 8日
所在地〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階
代表者狩野 歩
ホームページhttp://www.style-mental.jp/

 

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 弊社(株式会社ディーバ)は、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重に御判断頂きますよう何卒宜しくお願い致します。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧