Home > ベンチャー企業一覧 > 株式会社IT DeSign

ITとdesignの融合を実現! - 株式会社IT DeSign

ITとdesignの融合を実現!

株式会社IT DeSign

代表取締役 坂橋 晃司

われわれ株式会社IT DeSign(アイティーデザイン)は、オリジナルのQRコードである「デザインQR」の開発企業として、QRコード(2次元コード)の企画・開発を主事業とし、B to B(企業)向けに自社サービスを提供しています。そのほかQRコードに付随するサービス関連にフォーカスしているユニークな企業です。具体的には、下記のような自社サービスを提供しています。

□ デザインQR
□ デザインQR plus+
□ デザインQR オンデマンド (ASP/SaaSモデル)
□ ダブルQR
□ QR ゲット(ポイントシステム)…など
□その他: QRコードやICTサービス に関連するソフトウェアやシステム開発

最近良く目にするようになった「QRコード」にデザインの要素を取り入れるというサービスを考案し、ITとデザインの融合を実現させた代表取締役坂橋氏。「デザインQR」というユニークな発想、そしてその可能性に今後も目が離せません!

会社の生い立ちを教えてください

ITDロゴ.JPG
    起業のきっかけは、小さい頃から父親が自営業だったので、その影響は今考えると非常に大きかったようにと思います。つぎに、自由放任的な環境で育てられたので日本の大企業のような官僚的な組織には向いていないのでしょうね・・・。どうしてもサラリーマンだと上司の顔やその評価を気にしがちになります。本来ならば、お客様の方に向けるべきですが、、労力や時間を社内営業や報告書、長時間の会議など無駄な事に時間を取られてしまいます。サラリーマンも6年くらい経験しているので、サラリーマン体質を否定するつもりはないのですが、単純に、そういったサラリーマン体質が、性には合わないのかもしれないです。また、何でも色々と自分で経験したり、挑戦してみたいというと気持ちが強いので、そうなると「起業」という道に自然とつながってしまったのだと思います。
 苦労している点は、ベンチャーブームも去り、以前にもまして社会的に信用がないですね。いわゆる「ヒト、モノ、カネ」というリソース不足。加えて「安定」、「時間」、「信用」もないという状況です。まー、そんな文句を言ったところで、だったら辞めればいいわけですので、皆、起業している人は、それなりの苦労を経験、もしくは覚悟の上だと思います。

 

大切にし ていることはなんですか?

ks03.jpg
  “Enjoy ICT and design new lifestyles!” 
ユニークでわかりやすいICT(情報通信技術)サービスをデザイン(企画・設計)し、新しいライフスタイルを提案する」を企業モットーとしています。常にOnly Oneを追求し、#1を目指して、新しいサービスを提供していこうと我々のミッションを掲げています。
  「IT(情報技術)」 と 「design(デザイン)」は、それぞれ親和性が薄い概念でありますが、それら両方の概念は、サービス化において重要な要素だと考えており、それらの概念を追求したサービスを開発していきたいという想いがあります。「デザインQR」もQRコード(2次元コード)という「テクノロジー(技術)」に、「デザイン」の要素を取り入れたOnly Oneのユニークでわかりやすいサービスです。会社名の「IT DeSign」の由来もそうした想いが込められています。
  また、社是として以下を掲げています。

  1.  なにごとも「オンリーワン」を追及し、「ナンバーワン」をめざす
   2. スピーディーに実行する
   3. 成果が出るまで、あきらめずに最後までやる
   4. ピンチはチャンス!チャンスは確実にゲットする
   5. 意欲、元気、健康
 

これからの日本に一言おねがいします

ks005.jpg
  リーマンショック以降、日本に漂う暗い雰囲気、そして、悲観論的なニュースには、うんざりです。ただ、冷静に考えれば、日本には経済活動の上で必須の「ヒト、モノ、カネ」。加えて、技術、情報、インフラが諸外国に比べて、遥かに高いレベルで整備されています。日常の生活では、なかなか気付きにくいのですが、日本から一歩外へ出るとそのような国は世界的に稀であり、日本は非常に恵まれていると思います。
 では、いったい今の日本に何が足りないのでしょうか・・・? どうして日本は停滞感が漂ってしまうのでしょうか・・・?思うに、やはり、日本には、スティーブ・ジョブズやリチャード・ブランソンのような起業家が、足りないように思えてなりません。孫さんや永守さんなどいることもいますが、全然、足りないと思います。Sonyのようにトップを短絡的に外人にすればいいということではなく、将来の明るいビジョンを描き、それを皆に語り伝え、モチベーションUPさせる。そして、自ら実際に行動に移せる起業家やトップの人材が不足していると思います。そう、今の日本には、明るいビジョンを語れる組織のトップ、それらリーダーが決定的に不足しているように思えてなりません。日本の政治を観ていてもトップ(首相)に相応しい人は、ほとんど皆無です。だから誰がやってもそれ程変わないし、変わったところで期待できない。それと同じような事が、企業やあらゆる団体組織にも当てはまるのではないかと・・・。トップが変われば、組織も変わるはずです。
 はずかしながら一経営者として、そんな偉そうなことは全然言えないのですが、まずは自社の明るいビジョンを語り、そして自ら行動で示していきたいと思っています。皆さんも一緒に頑張りましょう!
 
 

プロフィールプロフィール

ks02.jpg

出身地東京都
生年月日1972/7/1  蟹座
血液型O型
好きな言葉「自然体」 "Be yourself”
尊敬している人物立花隆、永守重信、Peter Tasker
お勧めの本「人を動かす人」になれ!(永守重信)
趣味仕事、MLB
好きな食べ物フルーツ
出没エリアオフィス、スタバ、スポーツジム

 

 

会社概要

企業名 株式会社IT DeSign
事業概要 「デザインQR」などQRコード(2次元コード)に特化したサービスや関連ソフトウェア開発
設立年月日 2005年8月2日
資本金 600万円
所在地 〒101-0048
東京都千代田区神田司町二丁目16-10
至誠堂ビル6階
代表者 代表取締役 坂橋 晃司
ホームページ http://www.it-design.co.jp/
デザインQR: http://d-qr.net/ 

 

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 弊社(株式会社ディーバ)は、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重に御判断頂きますよう何卒宜しくお願い致します。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧