Home > ベンチャー企業一覧 > 株式会社インター・ベル

アパレルの店頭を活性化することが我社の最大のミッションです! - 株式会社インター・ベル

アパレルの店頭を活性化することが我社の最大のミッションです!

株式会社インター・ベル

代表取締役 田中 克典

弊社は『アパレルの店頭を元気にしたい』を目標に事業を展開しております。その中で一番最初にスタートしたのが我社の原点でもあるアパレル販売コンサルタント派遣です。お取引様の店舗にスペシャリストを派遣することによって、お店の運営方法から、人の育成に至るまですべてお客様軸の体制に整え、人が育ち結果的にお店売上、利益ともに伸ばしていくというものです。その人財の評判の良さから現在では店舗の業務自体を全部請け負う販売代行業、そして、アパレル販売のプロを育成するための教育事業を展開するようになりました。アパレルの販売職は特別資格がなく、「どうすればもっとお客様に喜ばれるか?」その手段を学べるかどうかも統一されていない現実があります。しかしお客様がいつも気持ちよく買い物できる環境整備こそ、業界の成長に繋がるという思いから、将来に向けてアパレル販売職に特化した資格作りを進めています。
それ以外に、アパレル業界ではたらく方々のキャリアアップ支援の転職支援サービス、自分に合った働き方を探し仕事をしたい方への派遣サービス、そして紹介予定派遣サービスを行っています。

インタビュー日: 2010年09月10日

自分を育ててくれたアパレル業界にもっと貢献したいと考えて起業を決意した代表取締役田中氏!これからも『アパレルの店頭を元気にしたい』を目標に頑張っていきます!

会社の生い立ちを教えてください

2021_260_260.jpgのサムネール画像  私は高校まで宮崎県の日向市で育ちました。そして大学から上京したのですが、大学を卒業してから一流の大手企業に勤め、ずっと引退するまでひとつの会社に勤めるものだと思っていました。
しかしながら就職活動で見事に挫折を味わい、自分の希望する企業はおろか、いわゆる『有名企業』を受け続け、ことごとく惨敗しました。その時は一度は「就職浪人」も考えましたが、縁あってとあるアパレル企業に入社することができました。そこに入社するにあたり、まったくゼロの状態から取り組もうと決意し、入社したのですが、たまたま社長の運転手をすることになったのです。この時身近で社長の仕事ぶりを見て、自分も将来社長をやりたいと思うようになりました。そしてここから社長になるための行動がはじまりました。
最初に入った会社は5000人規模の会社でしたが、小さくても自分の力がつくのであればと3年半で4人の会社に転職。そこではあらゆることを自分でやるチャンスをもらいました。そこで修行を積み、もう一度ベンチャー企業の門をたたきましたが、「あとは実践あるのみ」と独立を決意し、資本金30万円でインター・ベルを設立し、現在に至ります。その後自分を育ててくれたアパレル業界にもっと貢献したいと思い、現在の事業を展開するようになりました。

 

大切にしていることはなんですか?

interbelle.jpg
 インター・ベルや『INTER』『BELLE』とアルファベットでは書きます。もともと企業するときに、『田中』と『鈴木』というありふれた名字の二人で立ち上げたのですが、『INTER』=『中』、『BELLE』=『鈴』という由来でもあります。しかし本当の意味は、僕が起業するにあたり、目標として今でも変わっていないのですが、自分のもとで働く人たちが将来社長になってもらいたく、そういった人たちと『いい関係』を築けるという会社にしたいとアメリカに留学している女性に相談しました。そうするとその女性が上の理由も踏まえ、『INTER』=『間』、『BELLE』=仏語で『良い』ということで2者間でいい関係を築くという意味を込めてはと言われ、それを採用しています。で、そういう社員とだけではなく、関係する方々すべてと『いい関係』を築いていければという思いを込めた社名となっています。
もうひとつは会社の成長はすべて社員に支えられているということ。弊社の経営理念の冒頭には『社員とその家族の幸せを通して』という前文が付いています。社員が活躍できるのは幸せな気持ちを常に持っているということと、それを支える家族(大切な人)の支援があるからこそ。その前提が崩れては会社の経営理念など実現できるはずもない。
なので前文を入れて、社長である私の最大目標にしております。
立ち上げ当初は実はユーズドの洋服をインターネットオークションで売っていました。資本金も少なく、すぐに現金化されるやりやすい事業でスタートさせたのですが、もっと業界に貢献できる事はないかと考え、現在の事業を行うに至りました。
 

これからの日本に一言おねがいします

 

SN3P0002.jpg  昨年末、今年のNHK大河ドラマが『龍馬伝』であることもあり、高知を訪れました。そして年を明けて2010年毎週のように龍馬伝を見ています。彼らが活躍した幕末~明治維新は『日本はどうなるか?』なんて本当に分からない時代。そんななか『志』を持ち、自分のことを顧みず、日本の為に行動をします。それも僕よりも若い30代前半という年齢で。
そんな彼らを見ていると、今は本当に恵まれていると感じます。また、まだまだやれるではないかと。
『日本を元気にすること』を考えた時に私たちは、「お客様が楽しく買い物をできる接客サービスを提供すること』だと考えました。それにはアパレルの店頭ではたらく方々が元気でないと。
ここ数年消費者の百貨店離れが取りざたされていますが、アパレル業界と百貨店は切っても切れぬ関係。百貨店内で展開される店舗、ブランド一つ一つが本当にお客様が気持ちよく買い物できるような接客をできたらきっと、活気のあるいいお店が増えると考えています。
我々はアパレル業界の店頭を元気にすることで、お客様が気持ちよく買い物でき、結果的に楽しんで頂けることで、笑顔に溢れ、元気のいい世の中になっていけばと考えています。
それにはまず我社ではたらく社員たちが輝き、お客様を喜ばせ、そして笑顔の絶えないお店を増やしていくことだと思います。

 

 
 

プロフィールプロフィール

DSC02057.JPG

出身地宮崎県日向市
生年月日1973/4/22  おうし座
血液型A型
好きな言葉巧遅拙速
尊敬している人物野村克也、北野武、坂本龍馬、岩崎弥太郎
お勧めの本日本で一番大切にしたい会社1,2(坂本光司氏)、渋谷ではたらく社長の告白(藤田晋氏)
趣味ジョギング、スポーツ観戦(野球、ラグビー)
好きな食べ物魚介類全般
出没エリア新宿、渋谷など

 

会社概要

企業名株式会社インター・ベル
事業概要アパレル業界に特化した
・有料職業紹介業
・労働派遣業
・紹介予定派遣業
・メディア業
・アパレル販売コンサルタント派遣業
・教育事業
・店舗業務請負 (販売代行)
設立年月日2005年10月17日
資本金2310万円
所在地〒161-0032
東京都新宿区中落合3-29-10  野澤ビル5F
代表者代表取締役 田中 克典
ホームページhttp://www.interbelle.co.jp/

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 弊社(株式会社ディーバ)は、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重に御判断頂きますよう何卒宜しくお願い致します。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧