Home > ベンチャー企業一覧 > バズー株式会社

日本発世界へ、挑戦と冒険に挑むベンチャー企業 - バズー株式会社

日本発世界へ、挑戦と冒険に挑むベンチャー企業

バズー株式会社

代表取締役 森下洋次郎

4大マスメディア神話が崩壊しつつある状況(「テレビでは視聴率が取れない」、 「雑誌も売れない」時代背景)下で、費用対効果が明確あり、国民の大半が日常生活で肌身離さず所有している「携帯端末」に注目度は非常に高くなっていると思います。私自身がモバイルを活用することがビジネス成功の有効な手段であると強く感じているのですが、市場で騒がれるほどモバイルビジネスを成功させることは容易ではありません。どの事業でも同じように企画・サービス・プロモーションが三位一体となって初めて軌道に乗るものであり、そこを視野に入れた事業計画作成が必要です。我々は過去の経験と知見を活かして、お客様に失敗しないモバイルビジネスのノウハウを伝授させて頂いております。具体的には、モバイルソリューション事業、ソーシャルアプリ事業、人財育成・スクール事業の3つで構成しており、モバイルビジネスを通じて不況に苦しむ日本経済の底上げに貢献していくこと、そしてモバイルでNo1のグローバル企業へ変貌することこれが我々の目指す姿です。

インタビュー日: 2011年1月14日

「世界レベルで見て一流企業になること」を本気で目標にされている代表取締役森下氏!バズー様の今後の展開に注目です!

 会社の生い立ちを教えてください

buzooロゴ.png直前の私はとあるベンチャー企業にて3年間勤務しており、雇われ役員として3年間の職務に就いていました。さらなる飛躍を遂げるにはリスクテイクしてオーナーになるしかないと考えていました。そんな矢先、優秀なモバイルエンジニアとの出会いがあり、自分でサイトを企画し、彼らが開発するような会社を作ろうと2006年9月に起業しました。
立ち上げ当初の資本金は62,000,000円。皆さまの支援もあって十分な資本金の下、地道に3年間名もない会社で勤めた人脈が私を支えてくれ、いろんな支援して頂けた諸先輩方のお陰でバズーという船が誕生します。
当初のバズーはモバイルの受託制作開発をメインの商いとし、役員従業員を併せて9名のメンバーでスタートしました。小さなベンチャー企業経験は前職でも十分ノウハウがあった為、さほど大きな苦労無く取引をスタートさせ、立ち上げ半年では時価総額10億円の評価を頂けたり、史上初の小学館へのファイナンスを実現させたり、3年後にはベンチャー企業初の自社ビル経営を実現しました。
業績は堅調でしたが、途中で社員が辞めてしまったこともあり、本来会社とは何を目指すべきかを自問自答する時期もありました。その結果、自分は業績や時価総額など表面にとらわれ過ぎていたものの、本来の目的はそういったことではなく、社員の幸せだということに気づかされました。それ以来、経営理念を再度見直し、従業員満足重視の経営スタイルに変貌させたことが今までで一番大きい変化だったのではないかと思ってます。
 

大切にしていることはなんですか?

sumitomo_writing.jpgバズーの経営理念は『生きる力を身につけた人財を育成し、社会貢献を実現する』というものになります。人生における時間の大半を占める「仕事」。これに取り組むということは、一度しかない人生如何に生き抜けるかを試されていると言っても過言でないと思います。人生たとえいかなる状態になっても「生き抜ける力=生命力」、これを常日頃から養うことで、「辛いこと」でも「やりたくないこと」でも全てを学びと捉えながら皆が人生を自分なりに最大限に謳歌すべきだと私は思います。
バズーでは仕事を通じてこの能力を養ってもらう為に「社員が勇気を出して挑戦できる場」を積極提供しています。その為にはその社員の能力よりもちょっと高い目標設定をしてあげることがポイントです。具体的にはプロジェクト立ち上げ支援制度により社員に多くの権限を委譲し、プロジェクト責任者として任務職務を遂行してもらう制度を随時行っています。当然これには成功することもあれば失敗して痛い思いもする事もある。しかしそういったことこそが生きる力を養うということであり、強いてはそこで生み出した利益によって社会貢献していくことが我々の目指す姿だと考えています。
 
 

これからの日本に一言おねがいします

20110114.jpg私たちは、世界レベルで見て一流企業になることを目標に、5年以内に以下の目標を達成しようと思っています。
・2015年迄に誰もが知ってる会社にすること
・2013年迄に世界主要国にバズーのグループ会社を作ること
・2013年迄に就職ランクTOP10に入ること
この為に、「全員参加型の経営計画づくり」、「何でも言い合える組織風土」等従業員満足の為の努力は惜しみません。
不況やグローバル化の波に苦しむ日本経済の底上げに貢献していくことをお考えの方、短期間で飛躍的に成長したい方、採用活動は随時行っておりますので、いつでもバズーの扉を叩いて下さい。
皆さまの果敢なチャレンジをお待ちしております。
  

プロフィールプロフィール

president.jpg

出身地奈良県
生年月日1977/7/29 牡羊座
血液型O型
好きな言葉できるできないかではなくて、やりたいかやりたくないかである
尊敬している人物福沢諭吉
お勧めの本①学問のススメ( 福沢 諭吉)②人生と経営を変える 経営者の手帳(坂本 光司 )
③子どもはなぜ「跳び箱」を跳ばなければならないのか?(大岡 史直)
趣味サッカー、マラソン、映画鑑賞
好きな食べ物焼き肉・ステーキ
出没エリア西麻布

 

会社概要

企業名バズー株式会社
事業概要モバイルソリューション事業
ソーシャルアプリ事業
人財育成・スクール事業
設立年月日2006年9月5日
資本金128,000,000円
所在地〒105-0012
東京都港区芝大門1-14-3
BUZZO BLDG
代表者代表取締役社長 森下洋次郎
ホームページhttp://www.buzoo.jp

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 弊社(株式会社ディーバ)は、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重に御判断頂きますよう何卒宜しくお願い致します。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧